無料相談する

リフォーム会社はチラシで集客できる?効果が大きくなる方法も解説

リフォーム業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

リフォーム会社はチラシで集客できるだろうか、とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

今はさまざまな集客方法があり、チラシは古いのでは?とお考えになるかもしれません。

そこで、この記事ではリフォーム会社のチラシ集客について以下のような情報を解説していきます。

・チラシで集客できるか?

・チラシでの集客効果を上げる方法

・ともに活用すべきネット集客方法

最後まで読んでいただければ、リフォーム会社のチラシ集客のコツを知れます。

また、チラシとともに活用したいネット集客も紹介しますので、ぜひご覧になり参考になさってみてください。

リフォーム会社はチラシで集客できるか?

リフォーム会社は、チラシの配布でも集客効果を期待できます。

ただし、どのようなデザインのチラシを作るか、ポスティング方法などさまざまなポイントにこだわって集客していく必要があります。

ただチラシを作って配布するのではなく、コツを掴んで集客率を上げていきましょう。

リフォーム会社がチラシでの集客効果を上げる方法

リフォーム会社がチラシで集客効果を上げるためには、以下の3つの方法を行ってみましょう。

・集客効果のあるデザインにする

・ポスティング方法にこだわる

・ネットでも集客を行う

ぜひ、上記の方法も取り入れてチラシ集客でしっかりと効果を上げていきましょう。

以下にて、それぞれの方法を解説します。

集客効果のあるチラシを作成する

まずは、集客効果のあるチラシを作成するようにしましょう。

チラシ作成で大切なポイントは、ターゲットの選定を丁寧に行うことです。

ターゲットの選定とは、自社のお客様の年齢層や性別、必要としているサービスなどを絞っていくステップです。

ターゲットの選定を間違えてしまうと、本当に必要な方に会社のサービスを届けられず、集客効果も見込めません。

次に、工事価格や施工内容など必要な情報をわかりやすく記載しておきましょう。

チラシを手に取ったお客様が、一目見て注意を引き付けられるようなデザインにしなければなりません。

また、自社の強みを紹介して、他社との差別化も図るようにすることも必須ポイントです。

さらに、会社の社長の紹介や顔写真も掲載すると、親近感を持っていただけるため契約に繋がりやすいです。

チラシはじっくりと読んでもらわなければ集客には繋がらないため、手に取ってもらえるように作成しましょう。

ポスティング方法にこだわる

チラシを配布する際は、ポスティングエリアを限定するようにしましょう。

配布するエリアを拡大しすぎると、対応が不十分となりクレームが発生する場合があるためです。

選定する際は、ターゲットが多く集まっているエリアや会社周辺がおすすめです。

リフォームに興味を持っているターゲットにチラシを届けられれば、相談や成約に繋がりやすいでしょう。

また、会社周辺であれば地域の会社として親近感を持っていただけるとともに、いざというときにすぐ駆けつけられます。

チラシは定期的に配布して、インパクトを与えることも大切です。

一度だけ配布しても反響は少ないでしょう。

定期的にポスティングして、まずは会社を知ってもらうようにしましょう。

チラシだけでなくネットでも集客を行う

チラシの配布だけでなく、ネット集客も合わせて行うとより集客率が上がります。

チラシは地域の限られた世帯にのみ配布されるため、ネット集客も取り入れればポスティングが行われない場所での集客も可能となります。

また、チラシを見たお客さまがネットで会社を検索する、という場合もあるのです。

チラシの配布とともに行うとよいネット集客の方法について、以下で詳しく解説します。

リフォーム会社がチラシを配布する際に活用すべきネット集客の方法

リフォーム会社がチラシを配布する際に活用すべきネット集客は、以下の4つの手法です。

・ホームページ集客

・リスティング広告

・Googleマップ

・SNS

上記の4つの手法の内容と、それぞれのメリットやデメリットも紹介します。

ネット集客の方法を選ぶ際にぜひ役立ててみてください。

ホームページ集客(SEO対策)

自社のホームページの設定と、SEO対策を行い集客率を上げていく方法です。

ホームページは設定後にそのままにしておいても集客はできません。

ターゲットとなるお客様に見つけてもらわなければ、問い合わせにも成約にも繋がらないです。

そのため、SEO対策が必要となります。

SEO対策とは自社のホームページを検索画面の上位に表示されるように、内容を改良していくことです。

検索画面の上位に表示されれば、お客様に会社の情報を知ってもらえます。

インターネット上で自社ホームページが上位に表示される状態を維持できるようにすることが、集客効果を高めるためには大切です。

メリット

・安定して集客効果を上げられる

・会社の信頼度や知名度が上がる

・中長期的に集客できる

デメリット

・SEOに関する知識が必要である

・効果が発揮されるのに時間がかかる

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索画面にてテキストタイプの広告を表示させるように設定できるのが「リスティング広告」です。

ユーザーが検索したワードに沿った内容の広告が表示されるため、すでにリフォームを検討している方に向けて発信できます。

設定する際は価格を自由に選べるため、予算に合わせた集客が行えます。

テキストタイプなので、必要な情報をまとめてお客様の視覚に訴えやすいのもおすすめのポイントです。

メリット

・ターゲットに向けて発信できる

・早くて即日からはじめられる

・予算を決めて広告を設定できる

デメリット

・費用がかかる

・競合相手が多くなる

Googleマップ(マップエンジン最適化)

Googleマップ(マップエンジン最適化)は、自社の情報を登録しておきお客様に見つけてもらう集客方法です。

Googleマップには、会社の住所や営業時間、電話番号などの基本情報だけでなく、画像も複数掲載しておくとよいでしょう。

お客様に数あるリフォーム会社から選んでもらうためには、情報はできるだけ多い方がよいです。

特に、画像が豊富だと会社の雰囲気や工事内容について知れるため、アクションを起こしてもらいやすいです。

メリット

・検索画面の上位に表示されやすくなる

・口コミで投稿者とやり取りできる

・閲覧数の分析を行える

デメリット

・情報は定期的に更新しなければならない

・悪い評価をつけられる場合がある

SNS

SNSとは、主に以下のようなソーシャルサービスを指します。

・X(旧Twitter)

・Instagram

・Facebook

・TikTok

・YouTube

上記のようなソーシャルサービスを運用して、集客を行う方法も主流になってきました。

今では年代問わずSNSを利用している方が多いため、ターゲットに合ったSNSを活用すれば集客率を上げられるでしょう。

メリット

・無料ではじめられるサービスが多い

・視覚で楽しめる情報を届けられる

・ファンができやすい

・情報をシェアしてもらえる

デメリット

・定期的に更新する必要がある

・流行に敏感でなければならない

リフォーム会社はチラシ配布とともにネットを活用して集客していこう

リフォーム会社はチラシの配布でも十分に集客効果を上げられる可能性があります。

ただし、チラシのデザインや配布エリアなどにもこだわって、無駄な時間や労力を使わないようにしましょう。

また、チラシを作成する際はネット集客に繋がるようにホームページやSNSの情報も記載することをおすすめします。

ホームページ集客やSNSの自社での運用が難しい場合は、代行業者に相談するとよいでしょう。

ネット集客を代行業者に相談してみたいという方は、リフォーム業に精通した弊社に一度ご連絡ください。

以下のフォームよりお問い合わせくださいませ。

無料で相談する

【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←
↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY