無料相談する

建設業がホームページを制作するメリットとは?注意点や掲載したい項目も紹介

建設業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

「建設業がホームページの制作をするメリットはあるだろうか」

「建設業がホームページを制作する際に注意すべき点は何だろうか」

建設業の方の中には、集客力を上げるためにこうお考えになることもあるでしょう。

本記事では、建設業のホームページ制作について以下のような情報を解説しています。

・ホームページを制作するメリット

・ホームページを制作するデメリット

・ホームページを制作する際の注意点

・ホームページに掲載したい項目

記事を読んでいただければ、建設業がホームページを制作する際のポイントを押さえられて、集客に役立てられるでしょう。

建設業がホームページ制作をするメリットとデメリット

建設業がホームページを制作するメリットとデメリットを以下で紹介します。

ホームページは必要だろうか?とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

メリット

建設業がホームページを制作すると、以下のようなメリットがあります。

・会社の信用度が増す

・インターネット上で集客できる

・営業にかかるコストを抑えられる

まず、自社のホームページを保有している会社は、強みやこれまでの経歴を発信しているため信用度が増します。

信用度が高い会社は工事の受注も受けやすいです。

また、ホームページを制作しておくと、会社の営業時間外でもお客様にサービス内容を知っていただけるため、休みなく集客が可能です。

人件費をかけずに夜の遅い時間帯や明け方でも営業をかけられるため、固定費の削減にも繋がります。

デメリット

建設業がホームページを制作すると、以下のようなデメリットもあります。

・費用がかかる

・運用に専門知識がいる

・即効性を感じられない場合がある

使用するサイトによっては無料でホームページを制作できます。

しかし、さまざまなサービスやおしゃれなデザインを選ぶと費用がかかる場合があります。

また、ホームページの運用を成功させるためには専門知識が必要なので、代行業者に依頼すると委託料も必要です。

さらに、ホームページは制作したからと言ってすぐに集客の効果が発揮されるケースは少ないです。

内容を充実させて、定期的に更新を続けることでインターネットの検索画面の上部に表示されなければ、お客様に見つけてもらえません。

そのため、建設業がホームページを制作する際は時間とうまく運用するためのスキルが必要となります。

建設業がホームページ制作をする際の注意点

建設業がホームページ制作をする際に注意しておきたいポイントは、以下の3つです。

・戦略をしっかりと立てる

・分析や改善を継続して行う

・建設業に詳しい代行業者に依頼する

それぞれのポイントについて解説しています。

今後のホームページ制作のためにも、ぜひ確認してみてください。

戦略をしっかりと立てる

まずは、どのような集客を行うか戦略を立てます。

ホームページで集客する際は、戦略をしっかりと立てておかないと、工事の成約は見込めません。

ターゲットを絞り、どのようなアプローチをして成約を目指すか、流れをまとめていきましょう。

ただし、自分が「こうしたい」というだけで戦略を立てても、お客様に響かない可能性が高いです。

ホームページを制作する際は、会社の強みや地域性などを踏まえて、集客に向けた計画立てや運用をしていきましょう。

また、ホームページを制作してどうなりたいかという「ゴール」を決めることも大切です。

分析や改善を継続して行う

ホームページは、制作してから継続して分析や改善を行うことで集客率が上がります。

制作後そのまま放置してしまうと、検索画面にも表示されなくなり他サイトに埋もれてしまいます。

そこで、サイトへのアクセス数や問い合わせ件数などを集計して分析を行い、課題や改善策を見つけましょう。

建設業に精通している代行業者に相談する

ホームページ制作会社は多数ありますが、その中でも建設業について知識を持つ業者に相談するとより集客率が上がります。

また、同業者であればホームページ制作についての相談もしやすいです。

ホームページの制作をして集客を上げるためには、さまざまな悩みや問題を共に解決していける代行業者への依頼が重要なポイントです。

建設業がホームページ制作で掲載したい項目

建設業がホームページを制作する際は、以下のような項目は必ず掲載しておくようにしましょう。

・会社の理念や思想

・社長やスタッフの紹介

・施工実績

・工事内容

・価格

・お問い合わせフォーム

・求人情報

お客様がホームページを見る際に、会社情報の確認で多くの時間を要するようであれば、すぐに他のサイトへ移ってしまう場合があります。

そのため、お客様にとって必要な情報をしっかりとわかりやすく記載しておかなければなりません。

以下にて、それぞれの項目内容を詳しく紹介します。

ホームページ制作の際の参考にしてみてください。

会社の理念や思想

会社の理念や思想など、経営に関する思いを掲載しておくと、信頼度が増します。

どのような考えを持っているのか、経営方針はどういったものなのかを知っていただければ、より身近な存在と思っていただけます。

大切な会社の思いもぜひホームページに掲載しておきましょう。

社長やスタッフの紹介

会社で働く社長やスタッフの紹介が掲載されていると、お客様は親近感を抱き依頼を検討しやすくなります。

それぞれの担当や職種、簡単な経歴、趣味などを記載するとよいでしょう。

また、可能であれば顔写真を載せるとより親近感が湧きやすいです。

必ずスタッフの許可を取り、無理強いはしないようにしましょう。

施工実績

施工実績を掲載しておくと、お客様が依頼したい工事の仕上がりを確認できるため、成約に繋がりやすいです。

施工実績はできるだけ画像の【BEFORE】【AFTER】を掲載しておくと、お客様も工事のイメージを掴みやすくなります。

また、工事の依頼に対する安心感も増すでしょう。 ただし、施工実績を掲載するためには工事の依頼者からの許可が必要です。

必ず許可を取ってから施工実績を掲載するようにしましょう。

工事内容

どのような工事を行っているか、得意な施工内容は何かなどを掲載しておくようにしましょう。

数ある建設業の中から選んでもらうためには、お客様が求めているサービスをすぐに見つけてもらう必要があります。

そのためには、わかりやすく自社の得意分野やサービス内容をホームページに掲載しておくことが大切です。

価格

自社で工事を行った際の価格の相場や、実績などを掲載しておくとお客様は予算を組みやすくなります。

ホームページでどんなによい商品やサービスを見つけても、価格が記載されていないと不安で問い合わせできない、ということはないでしょうか?

屋根工事や外壁塗装など、それぞれの施工内容のだいたいの価格がわかると、お客さまも問い合わせしやすくなるでしょう。

お問い合わせフォーム

見積もりやお問い合わせができるページを作成しておくと、電話はしにくいと感じる方からの成約を受けやすくなります。

特に、会社の営業時間外にしかホームページをチェックできないという方に対しては有効な集客方法です。

お問い合わせフォームを設定したら、当日の営業時間や翌日には内容を確認して返信ができるような仕組みを作っておきましょう。

求人情報

せっかく自社ホームページを制作するなら、求人情報も掲載してスタッフや職人の雇用に繋げるのもおすすめです。

今はさまざまな方法で求人情報を探す方がいます。 インターネット上で求人情報を探す方は、「地域 建設業 求人」というように調べるケースが多いです。

そのため、ホームページにて求人情報の項目を作っておくと、検索画面に出て必要な方に知っていただけるでしょう。

ホームページには企業情報を掲載しているため、会社に興味を持った優良な方が応募してくれる可能性があります。

建設業のホームページ制作は専門家に相談して集客率を上げよう

建設業ではホームページを制作しておくと集客に繋がりやすいです。

ただし、闇雲にホームページを制作しても集客率は上がりません。

まずは建設業に詳しい代行業者に依頼して、的確な戦略の元ホームページ制作を行いましょう。

なお、建設業に特化したWeb集客を行なうトソーマ株式会社に依頼したい方は、以下のフォームよりご相談くださいませ。

無料で相談する

【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←

↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY