無料相談する

【事例あり】建設業で必須のマーケティング手法を専門家が費用もあわせて解説!

建設業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

建設業でのWeb集客を本格的に実施したいなら無料相談からご相談ください。

「建設業でマーケティング成功例を知りたい」

「建設業で使えるマーケティング手法を知りたい」

「マーケティング」の定義としては、モノを売るための仕組みづくりや、そのための活動を指すことが多いです。

この記事では、建設業のマーケティングについて以下をご紹介します。

・建設業にマーケティングが必要な理由

・建設業にマーケティングを取り入れて成功した事例

・建設業のマーケティングに必要なこと

・マーケティングを活用した建設業の集客手法7選

読むことで、建設業で集客するためのマーケティング方法や事例がわかります。

建設業にマーケティングが必要な理由

5割の会社が失敗?外壁塗装のホームページ制作の役割と費用相場、注意点-min

建設業にマーケティングが必要なのは、「集客をするため」です。

建設業の実に9割以上の会社は、集客に困っています。

集客をするには、競合他社よりもお客様に選んでもらう必要があります。

競合他社には大手、中小、個人事業主などさまざまな相手がいます。

膨大な数の競合に勝つためには、自社分析を実施して、適切な手法を使って集客をしなければいけません。

そのためにマーケティングが必要なんです。

特に、現代ではインターネットを使って効率的に集客できるようになりました。

マーケティングを意識しているかどうかで集客の成果は何倍も変わる時代です。

インターネットの活用が遅れていると言われる建設業であってもマーケティングは無視できなくなりました。

建設業にマーケティングを取り入れて成功した事例

ホームページ制作でトソーマ株式会社が選ばれる7つの理由

実際にマーケティングを取り入れた建設業関連の会社の事例を紹介します。

すべて弊社が対応した会社で、いずれも大きな利益をあげています。

東京都のU社様

自社の強みの把握をしたうえで、商材別にサイトを作成してSEO対策を実施しました。

これが大きく当たり、サイトを増やしていくたびに問い合わせ数が増えている状況を実現できています。

最初は月間10件もなかった問い合わせが、今ではSEO対策だけで毎月50〜80件の問い合わせを獲得しています。

北関東のM社様

SEO対策とリスティング広告の併用により2年でWebからの反響数が毎月30件以上アップした事例です。

すでに10億円を超える規模の施工会社でしたが、新規店舗を立ち上げてそのWeb対策を強化したことで売上は2年で5億円アップしました。

お客様の声を聞き、自社の強みをホームページで前面に押し出すといった対策も実施しています。

首都圏で事業を営むW社様

リスティング広告費を毎月20万円かけて月間1,170万円の売上を獲得した例です。

簡素なページを作っただけですが、自社の強みやお客様が求める情報をふんだんに取り入れたことで問い合わせ率が高くなり、広告で戦略的に狙ったことで大きく業績を伸ばしました。

その後も同じ広告費で毎月100万円〜300万円程度の売上を獲得できています。

建設業のマーケティングはまず強みの把握から

リスティング広告はWeb集客のどの段階で実施する?

建設業におけるマーケティングで最初に行いたいのは、強みの把握です。

強みとは、自社で考えるものではありません。

お客様にヒアリングして、「なぜ自社を選んでくれたのか?」を尋ねてください。

なぜ競合他社を選ばなかったのか?

何を見て会社を知ったのか?

それらを把握して、お客様が求める要素を強みとして拡大し、集客戦略に組み込むことで、集客効果が何倍も変わります。

マーケティングを活用した建設業の集客手法7選

キーワードの設定方法

建設業の会社が活用したいマーケティング集客手法を7つご紹介します。

もしやっていない集客方法があれば、ぜひご検討ください。

訪問営業

とにかく住宅や事業者を訪問して営業をかけていく手法です。

・メリット

受注できるのであれば安定した集客が可能

相見積もりとなる率が低い

・デメリット

口コミ評価が悪くなる

精神的に負担がかかる

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索画面の最上部、最下部に表示する文章メインの広告を配信する方法です。

建設業とは相性が良いため積極的に利用することを推奨します。

おすすめの広告媒体はGoogle広告です。

・メリット

月1万円の少額から実施可能

最短即日で実施が可能

細かく計測できるため効果が最もわかりやすい

・デメリット

LP(ランディングページ)と呼ばれる、広告をクリックしたときに表示するページが必要

SEO対策

主にGoogle検索で自社サイトを上位に表示させる手法です。

建設業とは相性が良く、大量の受注が可能なため、積極的に対策することを推奨しています。

・メリット

大量の問い合わせが獲得可能

長期的な費用対効果が高い

・デメリット

成果が出るまでに1年はかかる

特定地域に向けた対策が限られる

ホームページが必要

Googleマップ対策

Googleマップに店舗情報を登録して検索で上位表示させる手法です。

建設業のうち、店舗やショールームがある会社と相性が良いです。

・メリット

0円で設定が可能

費用対効果が高い

・デメリット

獲得数の上限が低い(毎月数件の問い合わせしか獲得できない)

YouTube運用

YouTubeチャンネルを解説して更新することで認知度の拡大と問い合わせ獲得をする手法です。

安易に手を出すと費用面で痛い目を見るため、他の集客方法を実施してから検討することをおすすめします。

・メリット

拡散性が高く認知度アップに適している

・デメリット

問い合わせ獲得には繋がりにくい

成果が出るまでに年単位で時間がかかる

自社で運用が難しいため高額なコンサル費や動画作成費が必要となる

LINE構築

イベントやYouTubeなどからLINEに誘導してメルマガのように配信して成約率をアップする手法です。

主に、リアルイベントや、YouTubeの誘導先として構築することが多いです。

・メリット

メルマガよりも気軽に登録してくれる

成約率が上がりやすくなる

・デメリット

LINEに誘導する集客媒体が必要

自社での構築は難しいため本格的に実施するなら高額な費用が必要

マーケティングを理解して活用し、建設業での急成長を!

外壁塗装業を営む会社の成功事例

建設業でマーケティングを適切に実施できている会社はまだまだ少ないです。

それだけに、他社を出し抜くチャンスでもあると言えます。

今のうちから最新のマーケティング手法や集客方法を取り入れておけば、先行者として勝てる可能性があります。

実際、YouTubeやLINEでは建設業では目立った会社はほとんどいません。

この分野で勝てれば急成長も可能なため、ぜひマーケティングを取り入れていきましょう。

なお、建設業に特化したWeb集客を行なうトソーマ株式会社に依頼したい方は、以下のフォームよりご相談くださいませ。

無料で相談する

【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←

↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY