無料相談する

リフォーム会社の利益率はどれくらい?平均値や儲けを増やすポイントを紹介

リフォーム業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

「リフォーム会社の利益率は平均でどれくらいか知りたい」

「リフォーム会社の利益を増やす方法を知りたい」

リフォーム会社の経営をしている方の中には、このようなお悩みを持つこともあるでしょう。

会社を継続していくためには、利益を確保しながら営業を続けなければなりません。

そこで、この記事ではリフォーム会社の利益率について以下のような情報を紹介します。

・リフォーム会社の利益率の平均値

・利益率を上げて利益を増やす方法

・利益率向上に活用できるネット集客

本記事を読んでいただければ、リフォーム会社の利益率を上げるポイントを知れます。

ぜひ参考にして利益を増額できるようにしましょう。

リフォーム会社の利益率の平均値

リフォーム会社の利益率の平均値は、25~30%ほどです。

利益率が20〜25%を下回ると、会社に入る利益が少なく経営が難しくなってしまうでしょう。

そのため、工事を受注する際はできるだけ利益率が平均値を維持、または上回るように経費を計上していくようにしましょう。

リフォーム会社の利益率を上げて利益を増やす方法

リフォーム会社の利益率を上げるためには、以下のような方法がおすすめです。

・優良なスタッフや職人を雇用する

・経費を抑える

・付加価値を追加する

・的確な集客方法を行う

すべて押さえておけば、会社の利益をより確保しやすくなるでしょう。

以下にてより詳しく解説していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

優良なスタッフや職人を雇用する

優良なスタッフや職人を雇用できれば、施工の失敗も少なく、安定して集客ができます。

また、営業スキルが高いスタッフがいると、工事の依頼が増えるため利益も確保しやすいです。

反対に、質の悪いスタッフがいると、クレームが発生したり、工事が正常に行われなかったりします。

会社にとっては大きな損失になりかねないため、雇用の際は慎重に行いましょう。

経費を抑える

事業にかかる経費を抑えられれば、粗利益の減りが少なくなるため、そのぶん利益は増えるようになります。

ただし、過剰に経費削減をするとスタッフや職人の士気が下がり、パフォーマンスが落ちる可能性が高いです。

そうなると、お客さまの満足度も低下して依頼数が減ってしまうでしょう。

もしくは、スタッフや職人が退職してしまい、リフォーム工事を行えなくなってしまう場合もあります。

経費を抑える際は、必要な部分を削りすぎないようにすることも覚えておきましょう。

自社の強みを付加価値として追加できるようにする

一般的なリフォーム工事に加えて、自社の強みとなる付加価値を追加することで施工費用をアップできるようになります。

リフォーム工事の付加価値として、主に以下のような例が挙げられます。

・外壁塗装は4回塗りを行う

・建設業許可を取得している

・アフターサービスが充実している

・職人が国家資格を保有している

・施工実績が他社より多数ある

・デザイナーが在籍している

リフォーム工事の内容で得意分野があれば、その点もサービスに含めて付加価値を高められるのです。

平均的な価格で工事を受注するだけでなく、お客様の要望にマッチすれば、付加価値を追加して施工費用を上げていきましょう。

的確な集客方法を行う

リフォーム会社は、ただ待っていればお客様から依頼があるわけではありません。

集客を行い、成約件数を増やしていくことが大切です。

ただし、闇雲に集客を行っても失敗しやすいです。

そのため、自社のサービスやターゲット層に適した方法で集客を行っていきましょう。

どのような集客方法がいいのか少しでも不安をお持ちの方は、専門知識を持つ代行業者に集客についての相談をしてみましょう。

また、今はネット集客を活用することでリフォーム工事の依頼が増えやすい時代です。

以下にて、おすすめのネット集客方法について紹介していきます。

リフォーム会社の利益率アップに活用できるネット集客

リフォーム会社の利益率を上げるために活用したいネット集客には、主に以下の4つの方法があります。

・ホームページ設定(SEO対策)

・リスティング広告

・SNS

・MEO(マップエンジン最適化)

また、ネット集客では雇用の募集もかけられるため、いい人材を集めるために活用もできます。

ホームページやSNSでは基本的に無料で雇用の募集をかけられるため、ぜひ活用してみてください。

以下にて、それぞれのネット集客の詳細を紹介していきます。

ホームページ設定・SEO対策

ホームページ設定をしてSEO対策を行えば、自社のオウンドメディアを集客率の高いサイトに仕上げられます。

まず、自社のホームページを設定する際は以下のような内容を掲載するとお客様はどのような会社かわかり安心できます。

・会社の理念

・社長やスタッフの紹介

・施工実績

・施工価格の平均や実績の費用

・自社の強み

また、最後の方でいいので「お問い合わせフォーム」も掲載しておきましょう。

ホームページをチェックしたお客様が、相談したい・見積もりが欲しいとなった際に気軽に問い合わせができるためです。

これらの内容を含めてホームページを設定したら、SEO対策を行っていきましょう。

SEO対策とは、自社ホームページが検索画面で上位に表せるようにするための手法です。

・メリット

最低でも無料で設定できる

会社の信用度が増す

会社の知名度が上がる

費用対効果が高い

・デメリット

効果はすぐには出ない

SEOの知識が必要となる

リスティング広告

テキストタイプの広告で、検索ワードによって最適な情報が表示されるのがリスティング広告です。

GoogleやYahoo!といったユーザー数の多い検索エンジンに表示されるため、集客率も上がります。

リスティング広告を活用している他社も多いです。

しかし、テキストに自社の強みやお客様が求めているサービス内容を記載すれば、集客に繋がるでしょう。

・メリット

即効性が高い

早くて即日に開始できる

分析や改善をしやすい

・デメリット

広告が苦手な方には届きにくい

費用がかかってしまう

SNS

TwitterやInstagramといったSNSを使った集客方法も今は主流です。

性別関係なく、また幅広い年齢層の方々に利用されているSNSは、集客の手段におすすめです。

SNSもホームページと同様に定期的に更新して、多くの方の目に留まるようにしなければいけません。

また、ファンを多く得ることで反響率が高まりやすいため、投稿内容もよく検討する必要があります。

・メリット

無料で活用できる

幅広い年齢層の方に見てもらえる

知名度を上げやすくなる

スマートフォンでも投稿できる

・デメリット

流行の流れを敏感にキャッチする

継続して投稿する必要がある

MEO(マップエンジン最適化)

MEOとは「マップエンジン最適化」と言い、インターネット上のマップで自社を上位表示させるために行う対策のことです。

今では多くの方が店探しの際にGoogleマップを活用しています。

中には、家の近所や周辺にあるリフォーム会社をGoogleマップで検索する方もいらっしゃいます。

そこで、マップエンジン最適化を行っておけば、すでにリフォーム工事を検討している方の目に留まります。

成約に繋げやすいため、MEOもぜひ活用しておきましょう。

・メリット

無料で設定できる

地域に住むお客様に見つけてもらえる

集客率が高い

・デメリット

マイナスの口コミが投稿される場合がある

リフォーム会社は利益率の向上のためにもネット集客を活用してみよう

リフォーム会社は工事を受注する際は利益率の目標値を決めて、収益が多くなるようにしてみましょう。

また、儲けを増やすためには工事の案件を多く受ける必要があります。

これからはネット集客も活用して、成約を増やして利益率を上げていきましょう。

ネット集客を活用したリフォーム会社の利益率向上のご相談は無料で受け付けていますので、以下のフォームよりお問い合わせくださいませ。

無料で相談する



【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←

↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY