無料相談する

工務店のマーケティング方法とは?種類や戦略の流れなどを詳しく解説

工務店の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

工務店のWeb集客を本格的に実施したいなら無料相談からご相談ください。

「工務店のマーケティング方法を知りたい」

「工務店の効果的なマーケティング方法を知りたい」

このようにお考えの方に向けて、工務店のマーケティングに関する以下のような基礎知識をご紹介します。

・工務店のマーケティング方法

・工務店ならではのマーケティング方法

・マーケティング戦略の流れ

・マーケティングを行う際の注意点

工務店ならではのマーケティング方法や戦略を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

工務店のマーケティング方法

工務店のマーケティング方法には、「オフラインマーケティング」と「Webマーケティング」があります。

以下にて、それぞれの方法の内容をご紹介します。

オフラインマーケティング

工務店が使えるオフラインマーケティングには、折り込みチラシや看板、ポスティングなどがあります。

チラシや看板は自社のオリジナリティを凝縮してマーケティングを行えるため、ターゲットに印象付けしやすいです。

オンラインでは数ある工務店から選ばれるような対策が必要ですが、オフラインマーケティングはより顧客の心を掴みやすくなります。

デメリットは、古くからある手法のため競合が多く難易度が高い点です。

以前からあって誰でも思いつく方法のため、オンラインに比べて競争率が高くなりやすいです。

また、チラシや看板の作成に費用がかかります。

Webマーケティング

工務店が使えるWebマーケティングには、主に以下のような方法があります。

・Googleマップ

・自社ホームページ(SEO対策)

・リスティング広告

・SNS

Googleマップは自社の情報を登録しておくと、営業エリア内でサービスを必要としている顧客の目に留まりやすいです。

自社ホームページを設定して的確なSEO対策を行えば、検索画面の上部に自社サイトが表示されて、顧客からの問い合わせに繋げられます。

リスティング広告はキーワード検索した際に表示される文章タイプの広告なので、サービスを必要としているユーザーにヒットしやすいです。

InstagramやTwitterといったSNSは、自社のサービスや強みを目で訴えやすいため顧客にインパクトを与えてファン化できるツールです。

Webマーケティングはオフラインに比べて費用が抑えやすいという点が大きなメリットです。

SNSは無料で登録、運用できます。

ただし、リスティング広告と自社ホームページは設定に費用がかかるため費用対効果を考えて活用しましょう。

また、Webマーケティングは運用をはじめてからある程度の期間を要して効果が出てくるため、継続して分析・改善する必要があります。

長期的な集客効果を見込めますが、専門的な知識を持って活用しなければ結果が出にくいです。

工務店ならではのマーケティング方法

住宅展示場やセミナーの開催などは、工務店ならではのマーケティング方法としておすすめです。

住宅展示場やセミナーには外壁塗装やリフォーム工事などに興味を持っている方が集まるため、集客効果は高いです。

また、ターゲットとなる顧客から直接意見を聞けるため、サービス向上にも繋がります。

ただし、会場のレンタルやスタッフの雇用などに費用がかかってしまう点がデメリットとなります。

工務店のマーケティング戦略の流れ

工務店のマーケティング戦略の流れをご紹介します。

マーケティング戦略を行うのがはじめてという方は、ぜひご確認ください。

ターゲットを選定する

まずは、サービスを利用するターゲットの選定を行います。

ターゲットの選定をしっかりと行わなければ、的外れなマーケティングを繰り返すことになります。

工務店のマーケティングでターゲット選定の際に決めておきたい項目は、以下のような内容です。

・年齢

・性別

・居住する地域

・世帯年収

・求めるサービス

ターゲットを的確に選定できれば、マーケティングを集中して行えるため集客率がアップします。

自社の強みを打ち出す

ターゲットが定まったら、他社と差別化を図るために自社の強みを打ち出してみましょう。

他社よりも自社を選んでもらうためには、ターゲットに刺さる「強み」が必要です。

例えば、以下のようなポイントで自社が誇れる強みがないか考えてみましょう。

・施工数

・受賞歴

・会社の歴史

・希少性の高いサービス

・キャンペーン

・スタッフや職人が保有する資格

強みは多いほどインパクトを与えて信頼度を高められます。

自社の強みをまとめられたら、マーケティングを行う際に前面に打ち出すようにしましょう。

マーケティング手法を決める

ターゲットの年齢層や性別、ニーズに合ったマーケティングの手法を決めるようにしましょう。

ターゲットの年齢層や生活スタイルによってはWebマーケティングが届かない場合があるため、オフラインで集客できるようにします。

また、オフラインから自社の情報を知り、Webで検索する顧客も一定数います。

そのため、うまく2つのマーケティング手法を組み合わせて集客していくのもおすすめです。

分析を行う

マーケティング戦略では、施行後も分析を行い最も効果的な方法を見つけていくことが大切です。

特に、Webマーケティングでは細かな分析を行えるため、効果的な戦略を立てられます。

市場の状況や顧客の購買意欲などを分析して、より集客できるように改善していきます。

新規顧客の獲得や新たなサービスの提示なども、収集した分析結果から有効的に実践できるようになるでしょう。

工務店がマーケティングを行う際の注意点

工務店がマーケティングを行う際は、いくつかのポイントを押さえておかなければ失敗してしまいます。

以下にて、工務店がマーケティングを行う際に注意しておきたい3つのポイントをご紹介します。

ターゲットの選定を慎重に行う

ターゲットの選定を誤ると、自社サービスと顧客を結びつけられず、どんなにマーケティングを行っても効果が発揮されません。

自社のサービスを必要としているターゲットを選定するようにしましょう。

また、ターゲットの幅を広げ過ぎないように注意しておきましょう。

ターゲットの幅が広いと顧客を増やせそうに感じますが、マーケティングの手法に統一感がなくなり、無駄な労力を費やしてしまいます。

時代に合ったマーケティングを行う

マーケティングは時代に合った手法で行うようにしましょう。

工務店のマーケティング手法は、かつてはチラシや訪問販売が効果的でした。

しかし、現在はWebマーケティングのほうが集客力が伸びてきています。

今後もWebマーケティング手法は伸びる可能性が高く、インターネットでの集客に注力することも検討しましょう。

やみくもに行わないようにする

マーケティングはやみくもに行っても成果は出ません。

手順を踏んで行い、分析や改善を継続することで成果が出ます。

しかし、専門知識を持っていなければ分析も改善も的確かどうか判断できないでしょう。

そのため、確実にマーケティングを成功させるためには知識を持つ専門家に相談することをおすすめします。

工務店の集客はWebマーケティングを活用しよう

工務店の集客には、ターゲットに合ったマーケティング手法で行うことが大切です。

今は、特にWebマーケティングをうまく活用することをおすすめします。

短期間で設定できて分析もしやすいため、オフラインマーケティングに比べて集客効果を実感できます。

しかし、Webマーケティングで成功するためには専門知識を要します。

そこで、工務店のマーケティングに特化したWeb集客を行なうトソーマ株式会社に依頼をご希望の方は、以下のフォームよりご相談くださいませ。

無料で相談する

【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←

↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY