無料相談する

外壁塗装でポータルサイトに登録するメリットとデメリットは?おすすめサイトも紹介

外壁塗装業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

「外壁塗装でポータルサイトに登録するメリットやデメリットを知りたい」

「登録するのにおすすめなポータルサイトを知りたい」

外壁の塗装業者の方の中には、集客のためにポータルサイトへの登録をお悩みになる場合もあるでしょう。

そこで、この記事では外壁塗装でポータルサイトに登録するメリットやデメリット、おすすめサイトなどを紹介します。

また、登録する際の注意点も解説していますので、最後まで記事をご覧になり、ぜひ参考にしてみてください。


外壁塗装でポータルサイトに登録するメリット

外壁塗装でポータルサイトに登録するメリットは、以下の3点です。

・登録するだけで集客を行える

・集客率のアップを見込める

・地域を絞って集客ができる

それぞれのメリットの内容を詳しく解説していきます。

登録するだけで集客を行える

ポータルサイトに登録しておけば、24時間いつでも集客を行えるようになります。

集客に関する知識や情報を持っていなくても、サイトの手順に沿って登録すれば集客を行える点は大きなメリットと言えます。

登録情報を間違えないように、注意して設定していくようにしましょう。

集客率のアップが見込める

ポータルサイトは多くのお客様に見ていただけるので、これまでよりも集客率がアップしやすいです。

お客様は無料で利用・検索できるため、ポータルサイトへのユーザーの流入が多いのです。

自分で会社のホームページを立ち上げて宣伝しようとしても、なかなか多くの方に見てもらえないかもしれません。

しかし、信頼できるポータルサイトであればすでに集客率を上げているため、登録すると自社も効果を得られやすくなるでしょう。

地域を絞って集客ができる

お客様がポータルサイトにて情報を入力すれば、希望に近い業者を絞って提示してくれるため、成約率が高くなります。

特に、地域を絞って塗装業者を検索されるため、営業範囲内にいるお客様に繋がりやすくなるのです。

ネット集客を行う際に、地域を絞って集客できるのもポータルサイトに登録する大きなメリットとなります。

外壁塗装でポータルサイトに登録するデメリット

外壁塗装でポータルサイトに登録するデメリットは、以下の2点です。

・手数料が必要になる

・成約に繋がらない場合がある

それぞれのデメリットを解説します。

ポータルサイトへの登録前に、よく確認しておきましょう。

手数料が必要になる

ポータルサイトに登録する費用や、仲介手数料がかかってしまいます。

また、ポータルサイトに登録すると手数料がかかるため、一般的な工事価格よりも高めに設定しなければならない場合があります。

工事価格が高めだと、お客様からの相談や成約件数が減ってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、サービス面で付加価値を付けることをおすすめします。

成約に繋がらない場合もある

ポータルサイトに登録していても、成約に繋がらない場合もあることは覚えておきましょう。

いくら成約数の多いポータルサイトに登録していても、数ある塗装業者の中からお客様に選んでもらわなければ意味がありません。

お客様がここに依頼したい、と思っていただけるような内容をサイトに登録するようにしましょう。

外壁塗装のおすすめポータルサイト2選

外壁塗装のおすすめポータルサイトは、以下の2つのサイトです。

・ヌリカエ

・外壁塗装の窓口

それぞれのサイトの内容や特徴をご紹介します。

ぜひ、登録先を検討する際の参考にしてみてください。

【ヌリカエ】

ヌリカエは、外壁塗装だけでなく家全体のリフォームに対応したポータルサイトです。

そのぶん、閲覧するユーザー数も多く、ヌリカエを介した成約件数は2023年10月13日時点で45,000件以上もあります。

高い成約率を誇っており、良好な口コミも豊富なポータルサイトです。

また、施工事例とかかった費用もチェックできるため、お客様に安心感を持っていただけます。

【外壁塗装の窓口】

外壁塗装の窓口は、累計利用者数が50万人以上もおり、登録施工店は4,500社以上もあります。

また、経験豊富な外壁アドバイザーが在籍しているため、お客様は工事について相談しやすく、成約にも繋がりやすくなるでしょう。

さらに、フリーダイヤルでの電話相談が24時間、年中無休でできるのも嬉しいポイントです。

外壁塗装でポータルサイトに登録する際の注意点

外壁塗装でポータルサイトに登録する際は、以下の3つの点に注意しておきましょう。

・かかる費用についてよく確認する

・掲載したい情報を吟味しておく

・ほかのWeb集客の手法も活用する

以下にて、それぞれの注意点の内容を詳しく解説していきますので、ぜひ確認してみてください。

かかる費用についてよく確認する

ポータルサイトに登録する際は、かかる費用についてしっかりと確認しておくことが大切です。

集客のための予算を大幅に超えるようであれば、登録先や掲載内容の変更が必要です。

もし、費用をよく確認せずに複数のポータルサイトへ登録してしまうと、経営がうまく回らないようになってしまう場合があります。

予算に合わせてポータルサイトへの登録は行うようにしましょう。

掲載したい情報を吟味しておく

ポータルサイトへの登録を決めたら、掲載したい情報をしっかりとまとめておきましょう。

自社の強みや掲載したい情報を吟味してまとめておき、他社との差別化を図ってお客様に選んでいただけるようにします。

ポータルサイトには数え切れないほどの塗装業者が登録しているため、同じような会社情報だと埋もれてしまいます。

そのため、他社よりも自社を選んでいただけるように、掲載するサービス内容や価格などはよく考えておきましょう。

ポータルサイトだけでなくほかのWebマーケティングも活用する

ポータルサイトだけでなく、ほかのWebマーケティングも活用して集客を行うことをおすすめします。

ポータルサイトへの登録だけでは、地域やサービス内容によっては集客効果が低い場合があるのです。

そのため、ほかのWebマーケティングも活用しながら、集客率を向上させておくと安心です。

Webマーケティングは、ポータルサイトのほかに以下のような手法があります。

・自社ホームページ(SEO対策)

・SNS運用

・リスティング広告

・Googleマップ

自社ホームページは、まずは会社情報を設定して、SEO対策を行っていきます。

SEOはお客様がインターネット上で外壁塗装について検索された際に、自社サイトができるだけ上位に表示されるよう対策することです。

SNS運用とは、InstagramやFacebookなどのソーシャルサービスを活用して集客を行う手法です。

リスティング広告とは、検索画面のトップにテキストタイプの広告を掲載できるサービスを指します。

Googleマップは、会社情報を登録しておくことで、お客様が近くにある外壁塗装業者を検索した際に表示されるようになります。

今は年齢層や性別に関係なく、多くの方がインターネットで検索して情報を得ています。

さまざまなWebマーケティングの内容を知っておき、会社に合った手法で集客を行っていきましょう。

また、ポータルサイトは登録費用や手数料がかかりますが、Webマーケティングの手法によっては無料ではじめられる場合もあります。

しかし、Webマーケティングには専門知識が必要となるため、代行業者に集客に関する相談をするのもおすすめです。

外壁塗装ではポータルサイトの登録だけでなく自社集客にも力を入れよう

外壁塗装ではポータルサイトへの登録で集客を行えます。

しかし、ほかのWebマーケティングと掛け合わせて集客を行えば、より高い効果を期待できるでしょう。

また、ポータルサイトは手数料が高く下請け工事と変わらない利益率になることもあります。

そのため、リスティング広告やSEO対策で自社集客したほうが利益が確保できるためおすすめです。

ぜひ、代行業者に相談をしながら集客率を上げて、収益を増やしていきましょう。

ポータルサイトへの登録にお悩みの方は、ご相談を無料で受け付けていますのでぜひ以下のフォームよりお問い合わせくださいませ。

無料で相談する

【気軽なご相談はLINEで代表の岡崎までご連絡でもOK!】

→LINE登録はこちらをクリック←
↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY