無料相談する

外壁塗装のおすすめのマーケティング方法を紹介!選び方や戦略も解説外壁 塗装 マーケティング

外壁塗装業の集客

監修者プロフィール

アバター

岡崎 康裕

「トソーマ株式会社」代表取締役。店舗事業・建設業で圧倒的な集客ノウハウがある専門家。元職人。塗装技能士2級。「外壁塗装の窓口」YouTube出演(再生数5万)。外壁塗装のWeb集客セミナー講師。

「外壁塗装ではどのようなマーケティング方法があるか知りたい」

「外壁塗装でのマーケティングの戦略の立て方を知りたい」

外壁塗装業者の方でマーケティング戦略を検討している場合、こうお悩みになることもあるでしょう。

専門知識がないと、どのようなマーケティング方法があり、どう対策していけばいいのかわかりにくいです。

この記事では、外壁塗装のマーケティングについて以下のような情報をご紹介します。

・おすすめのマーケティング方法

・マーケティングで効果のある戦略

・成功するためのポイント

記事を読んでいただければ、外壁塗装のマーケティングについて基礎知識を得られます。

外壁塗装のおすすめのマーケティング方法

外壁塗装のおすすめのマーケティング方法は、以下の5つです。

・ホームページ(SEO対策)

・リスティング広告

・SNS

・Googleマップ

・折り込みチラシやポスティング

それぞれの方法のメリット、デメリットも解説するので、自社に合った方法を選ぶようにしましょう。

自社ホームページ(SEO対策)

自社のホームページを設定して、SEO対策をしっかりと行えば集客率を高められます。

メリットは、自社の得意分野や施工実績などを宣伝しつつ、サービスについて検索をかけたお客様に直接集客を行える点です。

また、24時間365日いつでもホームページで集客を行えるようになるため、営業に必要な時間や人件費の削減にも繋がります。

デメリットは、間違ったSEO対策を行うと集客がうまくいかないため、専門知識が必要である点です。

また、専門家に代行を依頼した場合は委託料もかかります。

ただし、ホームページのSEO対策を継続して行えば、中長期で高い集客力を持つオウンドメディアに育ちます。

リスティング広告

「リスティング広告」は、検索されたキーワードに沿ったテキストタイプの広告が表示されるサービスです。

登録後は集客の即効性があり、キーワード検索したお客様に広告が表示されるためダイレクトに自社をアピールできます。

また、分析や解説もしやすいため、タイムリーに広告の効果を確認できるのもメリットとなります。

デメリット面は、リスティング広告の設定や運用に費用がかかる点です。

また、ユーザーによっては検索画面に広告が出るのを嫌がる方もいます。

リスティング広告を設定する際は、ユーザーの選定を行い、情報を必要としているお客様に向けて配信できるようにしましょう。

SNS

InstagramやTwitterなどのSNSを利用した集客方法も効果があります。

無料で使えて、今では多くの方が利用しているため集客方法としておすすめです。

ただし、ファンがつくまで投稿し続ける必要があるため、根気よく継続しなければなりません。

また、SNSも運用方法を間違うとなかなか集客が難しいです。

それぞれの手法に合った方法で運用していく必要があります。

Googleマップ

Googleマップに自社の情報を登録しておけば、近隣のお客様を集客しやすくなります。

登録は無料で行えて、高い集客力も見込めます。

お客様もご自宅から近く評価も高い外壁塗装の業者が見つかれば、「来店しやすい」「問い合わせしやすい」と感じることでしょう。

デメリットは、悪い口コミが記載されてしまう場合がある点です。

もし、マイナス評価を受けてしまった際には、丁寧にコメントを返して少しでも好感度を上げられるようにしましょう。

折り込みチラシやポスティング

新聞の折り込みチラシやポスティングで集客を行う方法です。

地域を限定して集客できるため、対象エリアのお客様を獲得しやすいです。

また、チラシや広告にて自社の強みを打ち出しやすいので、折り込みチラシやポスティングを行っていない業者よりも知名度は上がります。

ただし、折り込みチラシやポスティングは制作費や人件費などの費用がかかる点がデメリットとなります。

また、地域によっては反響率が低いケースもあるため、ほかのマーケティング方法と併用することをおすすめします。

外壁塗装のマーケティングで効果のある戦略

外壁塗装のマーケティングの効果を高めるおすすめの戦略は、以下の流れで行う方法です。

・ターゲットの選定

・他社との差別化を図る

・マーケティング方法の選定

・分析と改善

それぞれの内容とポイントを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ターゲットの選定

ターゲットとは、工事の施工を依頼してくれそうなお客様のことです。

まずは、年齢層や性別、どのようなサービスを求めているかなど、ターゲットを選定していきましょう。

ターゲットの選定を誤ると、どんなにマーケティングに力を入れても効果は発揮されません。

まずは、お客様の目線に立ち、自社ではどのようなサービスが提供できるかを考えてからターゲット選定を行ってみましょう。

他社との差別化を図る

自社の得意分野や、他社に負けないポイントを打ち出してみましょう。

同じ営業エリアには複数の塗装業者が存在します。

その中からお客様に選んでいただくためには、自信を持って提示できるメリットや特徴などを見つけなければいけません。

例えば、受賞歴や保有している資格、施工実績の豊富さなどです。

他社よりも少しでも優れている、または自慢できるというポイントをどんどん打ち出してお客様に知ってもらうようにしましょう。

マーケティング方法の選定

次に、どのマーケティング方法で集客するかを決めていきます。

自社のターゲットに響くマーケティング方法は何か、慎重に選定していきましょう。

また、マーケティング方法には費用がかかる手法もあります。

予算も含めて、どの方法を取るかを考えていきます。

分析と改善

マーケティング開始後に、そのままにせず集客率の分析を行い改善し続けるようにしましょう。

反響率や成約件数だけでなく、他社のマーケティング状況、自社の環境の変化などについても分析を行います。

改善点を見つけて、対策を行っていくことで集客力がより高まります。

外壁塗装のマーケティングで成功するためのポイント

外壁塗装のマーケティングで成功するためのポイントは、2つ挙げられます。

・ターゲットを丁寧に絞る

・適したマーケティング方法を選ぶ

それぞれの情報の詳細を以下で解説していきます。

ターゲットを丁寧に絞る

ターゲット選定を誤ると、集客率が上がらず成果を上げられません。

ターゲットの層を広くすると、競合相手も増えますし、マーケティングに時間やお金がよりかかってしまいます。

そのため、自社のサービスに合ったターゲットをきちんと選定することで、手間を抑えつつ反響率も上げられます。

適したマーケティング方法を選ぶ

自社やターゲットに合ったマーケティング方法を選んで、的確な戦略で集客を行うことも案件獲得のためには必要です。

設定したターゲット層はどのようなマーケティング方法だと効果的に反響を得られるのか、考えなければいけません。

しかし、適した方法をマーケティングに慣れていない方が選定するのは難しいです。

少しでも不安に感じる場合は、マーケティングの知識を持つ代行業者に相談することもおすすめです。

外壁塗装のマーケティングは専門知識を持つプロに依頼しよう

外壁塗装のマーケティングにはさまざまな方法があるため、ターゲット選定を行って適した手法で運用していきましょう。

ただし、マーケティングは継続して行う必要があります。

分析や改善を行い、集客力を高めていきます。

マーケティングの運用が難しいと感じる方は、専門知識を持つプロに依頼するようにしましょう。

また、代行業者の中でも「外壁塗装」に詳しい会社に依頼できれば、集客力を各段に上げやすくなるでしょう。

また、外壁塗装業のマーケティングを得意とするトソーマ株式会社に依頼したい方は、以下のフォームよりご相談くださいませ。

無料で相談する

外壁塗装のチラシ反響率とは?効果を上げるための方法も解説!

→LINE登録はこちらをクリック←

↓QRコードはこちら↓

カテゴリー

CATEGORY